あ、はじめまして。いのゆうこです。

あ、あの。

はじめまして。

いのゆうこです。


写真は憧れで大好きな街のNYでのわちきです。


二年半ほど海外をぷらぷらしてました。


長い間あだ名は

スナフキンかピーターパン


流石に30歳の私はまずいと気付いちゃったんです。(遅い?w)


勿論、今は日本に戻ってきてます。


前からSNS(特にfacebook)には

やれNYに留学したい!

だの

やれもう一回アーティスト活動するぞ!

だの


やるやる詐欺だった私。


何故できなかったのか。。。???


欲に溺れていたからです!(どーん)


溺れているうちに

私の瞳には分厚いフィルターが掛かってしまいまして

世の中が霞んで見えておりました。


本当に、私は今の自分の姿を望んで居たのだろうか?


って気付いてそれでも中々抜け出せずにいると


神様って本当にサディスティックなんですけど


持病の悪化と共に、

喉に爆弾が出来てしまいまして。(シンガーとしては致命的)

アレルギー喘息、耳が度々聞こえなくなる等。

流石にちょっとおかしいなと思うことが出てきてしまい。

長く続けていたその世界を

辞めることにしました。


辞める時期が早まっただけだし。

こーでもしないと抜けれなかった。って自分に言い聞かせばがらも


身体が全然効かない現実に、無理をして駆使していた日々を呪いました。

自分が悪いって分かってるんですけどね、想いのままに生きてしまった証です。


だから今はポジティブに捉えているんです。


NYから帰国して1年8ヶ月。

ビジネスの世界に魅了されどっぷり浸っていた私。


ただ、仕事する喜び。
数字として結果が出る喜び。

成果として人に認められ、頼られる事。

それは非常に喜ばしい日々でした。


そんなノウハウを学べたことは間違いなく財産です。


色んなことがポツリポツリとサインとして現れだしたここ最近の31歳になるお誕生日月の8月に今の仕事の卒業を決めました。

まだ完全な卒業は来年度の春前になるかと思いますが

その準備をこれより開始したいと思います。


私は病気を通して沢山のことに気づけました。


食が体を作ると言うこと。
家族や友達のありがたさ。
そして何よりも、歌うと言うことが私にとっての一番の大事なことだったと言うこと。



身体を壊した事がキッカケで勉強しだした食事療法や、ハーブ、薬膳、漢方等。


勉強しているうちにご縁がご縁を呼び寄せて。


形に出来そうだったので


今までの私の周りの人たちも

まだ会ったことない人も

同じように病気に苦しむ人たちも


食を通して

みんな笑顔にしたいなって思っちゃったんですよね。


だから、第一弾として移動販売で私がいいと思ったものをフェスやイベントやお祭り

それだけではなく求められれば可能な限り何処へでも出向いて提供&提案していこうと思ってます。

自身の顧客様にはケータリングのお申し込みも頂いていて非常にありがたい限りです。


9月は扱う商品などがどうやってできるのかを体験しに地方を周ります。


今まで沢山色んなお仕事をやってきました。


昔から何か夢中になるとすさまじー集中力と行動力、湧き出るアイディア、

などに助けられ(?)そんな短所でもあり長所でもある特性に助けられまた一歩踏み出すことができました。


思い起こすと失敗談ばかりです。


自らいばらの道に行っちゃったり

お金落としまくって詐欺にあったり(海外)

大恋愛して大失恋して

CD出せたり

海外ぷらぷら出来たり

沢山の人に出会い別れも経験して


結構振り返ると、ズッコケな笑える若年期を過ごしました。



長い間の私の課題だった


”なりたい自分になる”


それはきっと今までの頂いたご縁や経験などの

点と点を結びつけハイブリットにして

ひょっとしたらその先になりたい自分になってるんじゃないかなって。


綺麗事って思うでしょうか?

でも、挑戦してみようと思います。


私だけの世界を、そしたら私は私の力で世界を作りたいから。


無理だと言われても歌をもう一度歌いたいという気持ちは持ち続けあきらめません。

ただ、前の様に歌にばかりのフォーカスしたスタイルではなくてあくまでも楽しんで行けたらなって。


少しでも声が戻る様、いいお医者さんに巡り合うまでセカンドオピニオンを繰り返しまくります。



私は両親から貰った”諦めない心”を大事に人々を笑顔にしたいなと思います。
 

では、軽く自己紹介がてらってことでここまでにしますね。

気が向いたら、偶に見てやってください^^















Innocent World

作りたいのは虹色のInnocent World. それは何だかホッコリする、みんな笑顔の世界。

0コメント

  • 1000 / 1000